人生のカウントダウン(その10)

令和4年1月16日の私(老いの記録:71歳と350日目)。

私は93歳までは生き永らえる予定だ。
そうすると残された日数は

8379日

になった。

私は来月の2月5日で72歳になる。

若いころは自分が72歳になるなんて、想像もつかなかった。

しかし、ある日、ふと我に返ると、自分が72歳に近づいて
いることに愕然とする。

もう残りの人生も少ない。

若い時期はそう長くは続かない、すぐに年老いて枯れてしまう。

若い時は、1日1日を大切に、充実した日にしてほしいと
切に願う。

自分の心の声に従って、素直に生きることが、後悔をしない
老後を迎える前提となるだろう。

72歳を迎えようとしているいま、自分の人生を振り返ってみると
あの時、ああしていれば良かった、と思うことが多い。
ああしていれば、また違う人生もあっただろうと思う。

私の人生は決して順風満帆ではなかった。
ある意味、後悔の連続の人生だ。

唯一の救いは、今の相方(奥さん)と巡り会えたことだ。
これだけが、私の人生の大金星だ!

皆さん、悔いのない人生を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。